キービジュアル

診療内容

レントゲン検査

レントゲン装置を使って胸部、腹部そして骨の簡易な検査や骨密度の測定も行います。

胸部レントゲン検査

イメージ

心臓をはじめ、肺や大動脈などの形や大きさ・状態などを、X線を用いて映し出し、調べる検査です。心臓の形状、肺の動・静脈の様子ほか、様々なことがわかります。

このような症状がある場合に検査を行います。

  • 息切れがする
  • 呼吸が苦しい
  • 咳が出る
  • 痰が出る
  • 熱がある
  • 呼吸をすると変な音が聞こえる
  • 胸が痛い、
  • 背中が痛い
  • 咳をすると口から血が出てくる、など

このような病気を疑う場合に検査を行います。

  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 肺結核
  • 肺がん
  • 気管支喘息
  • 気胸
  • 胸水
  • 心不全
  • 胸部大動脈瘤、など

腹部レントゲン検査

腹腔内に異常が無いかどうかを調べるための一番基本的な検査です。腹部臓器の状態、腸閉塞や腸管穿孔、異常なガスや腹水、結石の有無などがわかります。

レントゲン装置を使って腹部そして骨の簡易な検査を行います。

このような症状がある場合に検査を行います。

  • 食欲がない
  • お腹が痛い
  • お腹が張っている
  • お腹が苦しい
  • 吐き気がある
  • 嘔吐した
  • 下痢をした
  • 便秘している
  • 血便が出た、など

このような病気を疑う場合に検査を行います。

便秘症、消化管感染症、腸閉塞、消化管穿孔など

骨密度測定

レントゲン装置で骨密度を測定することができます。
その検査結果に基づいて骨粗しょう症の診断やその治療を行います。