キービジュアル

診療内容

各種健康相談・検診

当院は各種健診に応じます。

イメージ

当院では、横浜市が指定する各種健康診断、がん検診を行っております。
他に会社や学校などで健康診断が必要という方もご相談ください。
また、すでに病気の治療を受けていらっしゃる方で、栄養のことや体や心の悩みについて気にされていることがあればお気軽にお声かけください。

横浜市が実施する下記健診

健康診断

診察および各種の検査を通じて健康状態を評価するのが健康診断です。同診断を行うことで、健康の保持や、生活習慣病をはじめとする疾病の予防・早期発見に役立てることができます。当院は、横浜市指定の健(検)診のほかにも、各種健康診断に応じておりますので、ご希望の方は電話等にてお申し込みください。

特定健診

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、医療保険者(国民健康保険・職場の医療保険等)は、「特定健康診査(特定健診)」と「特定保健指導」を実施しています。
特定健診は、がん・心臓病・脳卒中・糖尿病など、私たちの健康をおびやかす、生活習慣病への罹患リスクを高くするメタボリックシンドロームを早期のうちに発見するための健康診査です。「特定健診」は、日頃の健康管理にとても役立ちますので、ぜひ受診してみてください。

横浜市の特定健診

横浜市国民健康保険では、内臓脂肪の蓄積に起因する高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病をみつけ、生活習慣の改善、病気の予防を目的とする「特定健康診査」を実施しています。

対象者

横浜市の国民健康保険に加入されている方(当年度末の3月31日までに40~75歳の誕生日を迎える方)

自己負担金(受信料)

1,200円(4月1日以前から引き続き横浜市国民健康保険に加入していて、前年度の市民税が非課税の方は、1,200円から400円に軽減)

健診の内容
  • 問診(服薬及び喫煙歴、食事、運動、睡眠等生活習慣)
  • 身体診察
  • 身体計測
  • 血圧測定
  • 血液検査(脂質・肝機能・腎機能・血糖)
  • 尿検査 
横浜市健康診査

横浜市では年に一度、心臓病、脳卒中などの循環器疾患を中心とした生活習慣病予防対策として、対象者の方に健康診査を実施しています。

対象者
  • 横浜市に住所を有する神奈川県後期高齢者医療制度被保険者の方
  • 横浜市に住所を有する生活保護受給者のうち40歳以上の方、
  • 横浜市に住所を有する中国残留邦人支援給付制度適用の40歳以上の方
自己負担金

無料

検査項目
  • 問診(自覚症状・既往歴等)
  • 理学的検査(視診、胸部聴打診、腹部触診)
  • 身体計測(身長、体重、肥満度(BMI))
  • 血圧測定
  • 尿検査(糖、たん白、潜血)
  • 血液検査(中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール、GOT、GPT、γ-GTP、クレアチニン、尿酸、空腹時血糖、ヘモグロビンA1C)
  • 腹囲(40歳~74歳の方が対象)
  • 循環器検査(心電図検査、眼底検査)
  • 貧血等検査(ヘマトクリット値、赤血球数、ヘモグロビン値)

なお、選択検査項目は次のとおりです。選択検査は健康診査を行う医師の判断に基づき実施します。

肝炎ウイルス検査

横浜市では、肝炎を早期に発見し治療を行うことで肝硬変や肝がんへ移行することを防ぐために、無料の検査を実施しています。当院は協力医療機関ですので、お電話にてご予約のお申し込みをしてください。

検査をお勧めする方
  • 1992年(平成4年)以前に輸血を受けた方
  • 大きな手術を受けた方
  • 血液凝固因子製剤を投与された方
  • 臓器移植を受けた方
  • 薬物濫用者、入れ墨をしている方
  • ボディピアスを施している方
検査項目

B型肝炎ウイルス検査およびC型肝炎ウイルス検査(検査内容は問診・血液検査)

自己負担金

無料

がん検診

横浜市では、職場の検診など他に受診機会のない方で、次に挙げる年齢要件等を満たす方については各がん検診を実施しています。当院は横浜市のがん検診医療機関として、以下の検診を行っております。

胃がん検診

胃がん内視鏡検査 青葉区医師会≫

50歳以上の市民を対象に2年度に1回(前年度に受診していなかった方が対象)実施
※ 胃がん検診は、同一年度にX線検査と内視鏡検査の両方を受診することはできません。

大腸がん検診

40歳以上の市民を対象に年度に1回実施

肺がん検診(青葉区医師会)

40歳以上の市民を対象に年度に1回実施

前立腺がん検診(PSA検査)

50歳以上の男性市民を対象に年度に1回実施

定期健診

事業者は年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)。

雇入時健診

事業者は常時使用する労働者を雇い入れる際は、その労働者に対して、医師による健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

自費健診

何ら症状が無い時に、健康診断を目的として検査を受ける場合は、健康保険は使えませんので「自費」となります(検査項目は自分で選択することができます)。
※自費健診の結果、何らかの病気が発見された場合には、以後、その病気の診療には健康保険が使えます。

栄養相談

当院では管理栄養士による栄養相談を随時受け付けていますので、ご利用ください(ご希望の際は、担当医にお伝えください)。

緩和医療に関わる相談 

がんと診断された方や、がんを治療中の方の痛みの緩和ケアをはじめ、関節リウマチの痛みや、慢性疼痛などの緩和ケアについてもご相談に応じます。

※CT検査やMRI検査が必要な時は、当院より直接、病院放射線科に予約いたします。患者様は検査当日に病院に行っていただくだけで結構です。
※入院治療が必要な場合は、迅速に病院に紹介いたします。